ゆううつ

先日utaさんに撮ってもらった写真
やっとデータもらいました



遺影にならなくて良かった



日曜日からちょっと調子が悪くペレットを残すようになったこてつ
歯が伸びてきたのかなと思いながらも様子見
病院に診察の予約を入れると次の日曜日しか予約は取れず

月曜日と火曜日は夜入れたペレットは手を付けず
朝入れたペレットは完食

水曜日ほとんど食べず野菜も残す
IMG_1531-1.jpg
水曜日の午後から次の日の朝までのうんちはこれだけ

朝一病院に「緊急です」と電話をして
IMG_1521-1.jpg

IMG_1525-1.jpg
お腹は張ってなくて
やはり歯かと

処置をしてもらい今回は点滴も打ってもらいました

IMG_1529-1.jpg
帰ってきたらお水がぶがぶ飲むので1年前の小力のことが頭をよぎりました

DSC_4850-1.jpg

DSC_4838-1_20160415204310669.jpg
口元に持っていくと野菜は食べてくれたので一安心

DSC_4859-1.jpg

まだ本調子ではないけど少しずつ食べだしました
DSC_4863-1_2016041520431411c.jpg

病院の待合で待ってるときに「命を救われた捨て犬夢乃丞」という
本があったので読んでると涙があふれて・・・

夜に熊本の地震が
まだまだ余震が続いてます
被害が大きくなりませんように
わんちゃんねこちゃん等一緒に避難できますように

DSC_4869-1.jpg
安心して暮らせますように

utaさんの写真はまとめて あとでアップします

スポンサーサイト

無麻酔での歯の治療について

今日はわたしが思う事をちょっと
ちょっと前に無麻酔で歯のカットをしたという記事を見
昨日もまた別の方のブログで歯のカットは無麻酔でするべきだと書いてありました
それぞれのコメントに麻酔なしの病院を探しているとか
大賛成とかがあり
私は他の方のブログには意見は書かないと決めています
それぞれ思う事がおありなのでこちらの意見を言う事は控えてきました

ですので自分のブログで思う事を書かせていただきます


うちのこてつ こまちの母であり昨年9月に亡くなった小雪ちゃんは
2008年3月に子宮内膜癌で手術をし
癌が再発しないようあちこちのサイトを見
うさぎの健康手帳というサイトで抗がん作用がある野菜などをみて
いろいろ食べさせるようになりました

DSC_3889-2.jpg

小雪ちゃんは牧草をあまり食べなかったので歯も定期的にカットしていたのですが
以前の病院はニッパーのようなもので無麻酔でカットをしてました

2年ほどしてうさぎの健康手帳にうさぎの歯の構造と治療というページが追加され
別の方のブログ(どの方だったかは忘れてしまいました)でも無麻酔は考えられないと書いてありました

コピーをし治療してもらってるドクターに意見を伺おうと思ったのですが
とても言い出せる雰囲気でなくその年の年末
小雪ちゃんがまた食べなくなって いつもの病院は休診のため
今の病院に行きました

今の病院はこの記事に書いてあるような治療方法で
そしてドクターに言われた事は”歯がぐらついている”と

2年近く強い力でカットしてきたので歯自体が弱り
ぐらついてしまったのです

お友達のうさちゃんは暴れて舌がちょっと傷ついてしまいました

飼い主さんが信頼している病院ならそれでいいのかもしれません
ただブログを見るだけで判断はしないでほしいのです
このブログを見るだけでもです

ドクターが発信しておられるサイトもあります
いろんな意見をみて 聞いて考えて欲しいのです

人間は神様ではありません
ドクターもしかりです
最後は自分が決めなければいけないのですが
間違った情報 偏った情報があると言う事を覚えておいてください

うさぎを愛する気持ちは皆さんいっぱいお持ちでしょうから
DSC_3892-2.jpg

私のこの意見も偏っているかもしれませんよ

プロフィール

みったんママ

Author:みったんママ
きしめん♂
2012年4月29日生まれ
2016年12月2日お迎え
のんびり暮らすはずが・・・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる